カテゴリ:Cobo( 16 )

トマトCOBOで丸麦リゾット


c0213810_20451221.jpg

今日は暑かったのでガスパショを作るつもりが

丸麦も入れたらおいしいかも?と思い加えたら・・・




















c0213810_20452535.jpg














丸麦の量が多すぎたみたい・・・・  急遽リゾットに変更!
Lv.4のうまみいっぱいのトマトCOBOのおかげで、調味料必要なし。
美味しいリゾットになりました。

 

ランキングに参加しています★
   にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ


More
[PR]
by HappyVeggy | 2010-05-28 21:15 | Cobo

トマトCOBOで焼くスコーンとプリッツ♪


c0213810_2084956.jpg

自作のトマトCOBOでスコーンとプリッツを焼いてます。










c0213810_2012198.jpg
クラスでは”異色”と評された私のCOBO。

お味のほうは・・・・・オ・イ・シぃ!! かなり! ←手前ミソです。

でもホント!クラスで作ったスコーンよりも味も食感も断然おいしかった!! 


COBOの発酵には自分の家に浮遊している菌が大きく影響します。 
自分もその菌にかこまれて日々生活しているので、そこで出来上がったCOBOがおいしく感じられるのは当然のこと?
これって・・・自分の家のお味噌汁が一番おいしいと感じるのとおなじ感覚?! 
 




ランキングに参加しています★
   にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ

[PR]
by HappyVeggy | 2010-05-19 20:35 | Cobo

今日のグリーンスムージー & トマトCOBOスコーン


今日は小松菜とりんご
c0213810_14483344.jpg

先日の講演会で「使用するグリーンは毎日ローテーションすることが大事」と。
これはグリーンに微量に含まれる「アルカロイド」とよばれる毒素の蓄積を防ぐ意味があるのだそう。
飲み続けていくうちに効果が半減していたのはコレが原因か??
でもコレって、GSに限ったことではないですよね。。。



アルカロイド:植物すべてに含まれるアミノ酸の一種。種類は数千種類もあるといわれている。
         植物が外敵から身を守るために(すべて食い尽くされて種の継代が途切れないように)出す分泌物なんだそう。 
         強い生物活性をもつものも多く、なかには医薬品の原料として用いられる種類もあるんだとか。
         毒とはいっても毎日々おなじ野菜を食べ続けなければ全く問題ないそうです。





◇◇◇

昨日のクラスで作成したトマトCOBOスコーン
c0213810_14485399.jpg


作ったその日はタンパクな味、1日おくと美味しいですよと。
シャープな形に似合わずトマトの酸味と甘さが口に広がります。








ランキングに参加しています★
   にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ

[PR]
by happyveggy | 2010-05-13 14:21 | Cobo

ウエダ家さんのCobo講座 -Basic Program No.3-

ウエダ家さんのCobo Basic Program No.3に参加しました。

c0213810_22561118.jpg

















c0213810_22552460.jpg



















2週間前に仕込んだみかんCOBOを持ち寄り、みなさんでテイスティング。
乳酸発酵優位ですっごく甘くてシロップみたいなCOBOもありビックリ!

わたしのみかんCOBOは前回のりんごCOBOのときと同様、常温に戻してから紅茶キノコのとなりに置いていたので
空気中に浮遊する紅茶キノコ菌をキャッチして発酵が進み酵母発酵が終わりにさしかかっていて・・液は白濁、味もかなり酸味が・・・。
「今回も紅茶キノコのテイストですね~」と批評をいただきました。 
悪いことではないと思うけど、ウエダ家さんの提唱するCOBOというのは素材自身がもつ力だけでゆっくり・じっくり
自然に発酵するのを待つのが一番というもの。(紅茶キノコ菌が入らない状態でもう一度トライしてみたいです)
私のみかんCOBOは発酵が進みすぎているためもうパンやお菓子作りには活用できません。
なので実や房を漉して液体だけ残し「みかん酢」にしようと思います。






お楽しみの試食♪
c0213810_2373011.jpg














上の2つはみかんCOBOを使った食パンとスコーン
どちらもみかんCOBOの色も香りもそのまま型に詰め込まんだかのような仕上がり。
生地を切り分けるとほんのりみかんの香りが~ 
パンはシャープなキューブ型でスタイリッシュ!
スコーンはバターやベーキングパウダー不使用なのにここまで膨らんでしかもサクサクです。
アルミニウムフリーのベーキングパウダーって焼成後に独特の香りが残るのが苦手なんですが
Coboだけでここまでの仕上がりになるとは! こういうパンやお菓子が作れたらいいなぁ~ 

下の2つは蒸し鶏とかぶのオーブン焼にみかんCOBOソースをかけたもの。
お肉とみかんCOBOってあいます~。
消化も良さそうだし、何よりお肉がさっぱりいただけます。



あっという間に最終回をむかえたBasic Program
次のLevelやパン講座も参加したいし、お料理、パン、お菓子にとCOBOを多様に活用したいと思っていますが、
活用以前にCOBOを仕込んでからの乳酸発酵→ 酵母発酵→ 酢酸発酵 という段階を自分でうまく見極めるようにならねばと思いました。




ランキングに参加しています★
   にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ

[PR]
by happyveggy | 2010-02-12 23:41 | Cobo

ウエダ家さんのCobo講座 -Basic Program No.2-

ウエダ家さんのCobo Basic Program No.2に参加しました。
c0213810_22335432.jpg
















まずは前回仕込んだりんごCOBOを持ち寄り、皆さんの前で育てた過程を紹介。
・冷蔵庫に何日入れたか
・常温に出した後どんな場所においたか
・見た目・香り・泡立ち・そして味の日々の変化を紹介をします。
そしてお互いのCOBOをテイスティング
仕込んだ場所、お水やりんごの品種も同じなのに住環境や浮遊している菌の種類、また育てた過程によってこんなにも違いが出るのかと驚くほど
見た目・香り・味もさまざま。

わたしのCOBOは・・・
冷蔵庫に8日入れた後、リビングの窓際の台の上(平均して20℃の直射日光の当たらない場所)に鎮座してもらいました。
そして隣には紅茶キノコくんのビンをおいて共生してもらい、頻回にビンのフタを開けてました。
見た目は、液体もりんごの実も参加者のなかで一番茶色くて・・・大丈夫かしら??と少し不安でした。

テイスティングの感想は 「このなかで一番甘みが強いね」と皆さんからコメントいただきました。
また遊さんからは「紅茶キノコのおかげなのか、りんごだけでできる酵母の味ではないですね」と。
「今後も観察して最後どうなるのか見届けた方が良いですヨ」とも。
紅茶キノコくんに感謝です! 引き続き育て続けます。



今回の試食
にんじんとりんごCOBOの冷製スープ
c0213810_22343565.jpg
















にんじんの色が鮮やか!
“ぷるんっトロん”とジュレのような食感。
これはりんごに多く含まれる増粘性多糖類(ペクチン)の働きによるもの。
お味は濃い人参ジュースのよう、しかも人参独特のクセが全くないので野菜嫌いの方にいいと思います。離乳食やソースにもイケます!



玉ねぎと豚肉のりんご蒸し&温野菜のりんご酵母酢マリネ
c0213810_22365875.jpg


















りんご酵母の味や香りは感じませんでしたが、お野菜はふんわり甘い感じの仕上がりに。
豚肉も柔らかくておいしくいただきました。
お肉を1年ぶりに食べたので消化が少し心配でしたが、りんご酵母のおかげか全く違和感なし!
りんご酵母、イイお仕事してくれます。






宿題はみかんCOBOの作成です。
c0213810_22372724.jpg


















今回素材は自分で選んで仕込みます。
産地、品種、栽培法(無農薬・低農薬など)を吟味して選んでくださいと。
私は迷わずにこにこ農園さんのみかんで仕込みました。
このみかん、以前keiさんが紹介された のを見て即買いしたもので、小玉だけど皮はうすく、実がギッシリつまって味がとっても濃いんです。
しかも無農薬なので皮まで使えて安心な食材です。keiさんありがとう!

また紅茶キノコくんの力をかりておいしいCOBOに仕上がるといいなぁ~


ランキングに参加しています★
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ

[PR]
by HAPPYVEGGY | 2010-01-27 22:57 | Cobo

ウエダ家さんのCobo講座 -Basic Program No.1-

             
ウエダ家さんのCobo Basic Programに参加しました。
c0213810_22105222.jpg













KIJ講師・天野先生がコラボイベントされてからその存在がずっと気になっていたウエダ家さん。
クラスは大人気で抽選でなんとかエントリーすることができました.


COBOってどんなものなのか、またウエダ家さんの目指すCOBOをご説明いただいたあとはテイスティング
   c0213810_2213317.jpg 












仕込んで1週間後のCOBOたちを試飲(金柑、洋梨、トマト、昆布、りんご2種)
洋梨がお気に入り。豆乳や牛乳を加えればトロミがついてすぐヨーグルトになるくらい発酵力の強いCOBOだそう。





りんごCOBO飲み比べ
   c0213810_22145191.jpg










     

左)りんご、水、きび砂糖    右)りんご、水


液体の色、香り、皮の退色が全然違います。
味はきび砂糖を入れた方が甘みが強く、発酵もすすんでいます。

砂糖は酵母に栄養を与えるため入れるのですが分解・吸収がはやく、発酵速度が促されるため
一気に発酵力のピークに達するのだそう。そのかわり持久力はなく発酵力が劣るのもはやいとか。
こういうものを取り入れていると人も同じような体質になるそうです。
(人間もお砂糖を大量に摂取していると血糖値が急上昇・急降下を繰り返し、疲れやすくなり、自律神経が不安定になってきますよね。)
素材自身がもつ糖分でゆっくり発酵・熟成させたものを取り入れるのが良いんですね。





COBOをつかったお料理の試食

みかんCOBOのピラフ
 c0213810_22175832.jpg








   
  


  みかんCOBOのほのかな酸味でサッパリしたお味。
  見た目もオサレ♥♡ 奥さまのセンスが光ります。



長ねぎと昆布COBOスープ
 c0213810_22181545.jpg









   



   


   長ネギ、ジャガイモをゴマ油で炒め、昆布COBO、水を加えただけのシンプルなスープ。
   出汁、調味料は一切使っていないのに味わい深くてとってもやさしいお味。癒されます。



今回自分が仕込んだCOBOを次回持ち寄り、皆でテイスティング。
住居環境によってまったく違う出来のCOBOになるそうなのでドキドキです。





ランキングに参加しています★
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ

[PR]
by happyveggy | 2010-01-17 23:35 | Cobo